食育は子供への贈りもの!子供と地球の未来のために「魚食育」を始めよう

 

昨今、メディアでも注目されるようになった「食育」。誰もが一度は耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?食べることは、私たちが健康的な生活を営むための基礎になります。

けれども、食に関する正しい知識を持っている人は、あまり多くはないのが現状です。大切なことは、大人が「食育」に関する正しい知識を持ち、それを子供たちに伝えながら育んでいくことです。

そこでこの記事では、「食育」についてご紹介していきます。ご家庭ですぐに取り組める「魚食育」のやり方にも触れましたので、ぜひ参考にしてください。

 

「食育」とは?

 

「食育」とは、何なのでしょうか?農林水産省では、次のように定義づけています。

 

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。

引用元:農林水産省

 

ここではあまり難しく考えず、「生きていく上で、欠かすことのできない基礎知識」と押さえておいてください。ところで、なぜ「食育」の必要性が叫ばれるようになったのでしょうか?

それは、食生活の乱れによる肥満や痩身、体力、学力の低下などが、社会問題にまで発展したからです。農林水産省は、この問題と向き合うため、2005年「食育基本法」を制定しました。

それが「食育」の始まりです。のちに、小中学校の学習指導要領にも記載され、学校教育全体でも推進されるようになりました。

 

「食育」は意識してやるべき?

 

「食育」は、意識してやるべきなのでしょうか?実際のところ、「食育が需要である」という考え方は広まりつつあるも、意識的に取り組む人はそれほど多くありません。

なぜなら、「食育」によりどのようなことが身につくか、深く理解していないからです。このあたりのことは、専門家の間でも賛否両論あります。ここでは、文部科学省の見解をご紹介しましょう。

 

食育により身につくこと

  • 食べ物を大事にする感謝の心
  • 好き嫌いしないで栄養バランスよく食べること
  • 食事のマナーなどの社会性
  • 食事の重要性や心身の健康
  • 安全や品質など食品を選択する能力
  • 地域の産物や歴史など食文化の理解など

引用元:文部科学省

 

つまり、食育に取り組むことによって、心身の健康だけでなく「心の豊かさや想像力、広い視野で物事を捉える力」なども身につけることができるのです。そういった意味でも、「食育」に関して積極的に取り組むことに、デメリットはないと言えるでしょう。

 

家庭で取り組むなら「魚食育」がおすすめ

 

「食育に取り組む」といっても、何から手をつけていいのかわからないですよね。でも、そんなに難しく考えることはありません。家庭で簡単に取り組める「食育」があるからです。

特にお勧めなのは「魚食育」。日本は地形的に海に囲まれていることもあり、いつでも新鮮な魚介類を手に入れることができます。

個々の食生活にもよりますが、日本の場合、食卓に「魚料理」が上る頻度は世界的に見ても高いと言えるでしょう。

そういった日本ならではの食環境を生かし、「魚食育」に取り組むことがポイントです。参考までに、美味しく楽しく家族みんなで学べる「魚食育取り組みのアイデア」をご紹介します!

 

魚食育取り組みアイディア

 

 ・小さな子供も自分でできる!手巻き寿司パーティー

  身の色の違い、味わいの違いを知る
  自分で作る楽しさを知る
  海苔が何でできているかを学ぶ

 ・マグロの赤身と中とろの食べ比べ!

  味の違い、部位の違いを知る
  部位ごとの栄養の違いを学ぶ

 ・お家にある魚介加工品探し!

  ちくわやかまぼこ、かつお節などの原料を知る
  たくさんの水産加工品があることを知る
  成分表示の見方を学ぶ

 

なぜ身の色が違うのか、なぜ同じ魚でも部位によって違う呼び方をするのか、どうやって海苔がつくられているのか、など。「なぜ?」のきっかけを作り、家族みんなで調べたり考えたりすることが大切です。

 

おうち時間で「食育」を始めよう!

 

在宅時間が増えて、家で食事をする機会が多くなった昨今。家族で食事をする頻度が高くなった人も多いと思います。そんなおうち時間を活用し、「魚食育」を始めてみてはいかがでしょうか?

どんな魚がいいのか迷ったら、ぜひ当社「丸忠」にご相談ください。お客様に最適な魚をご提案いたします!

 

「魚食育」に欠かせない丸忠自慢のお魚情報はこちら!

 

【あわせて読みたい】

本当に魚は体にいいの?不飽和脂肪酸、カルシウム、DHA、EPA…魚は栄養やその効果をわかりやすく書き出しました

魚を食べて骨や歯を丈夫に!牛乳嫌いの子供のカルシウム不足をサポート

 

#‌ ‌家‌庭#‌ ‌魚#‌食‌育

注目キーワード

サーモン フレンチ アワビ ミールキット スモークサーモン カニ いくら 天使のエビ