春に美味しい魚!旬は2度ある?「真鯛」の特徴やおすすめの食べ方

お祝いごとに欠かせない鯛。一般的に「タイ」と呼ばれている「真鯛」には、旬が年2回あることをご存じですか?美味しい「真鯛」を食べたいなら、その旬を知ることが大切です。この記事では、2つ旬の特徴や美味しい食べ方、縁起物とされる理由をご紹介します。

「桜」と「もみじ」?美味しい旬の時期

真鯛は、収穫時期によって違った美味しさを楽しめます。ここで押さえておきたいのは、2つの旬です。概要を見ていきましょう。

3~5月 産卵期前「桜鯛」

産卵を控えており、卵や白子を楽しめるのが特徴です。引き締まった身と程よい脂で上品な味わいが楽しめます。また、春先は漁獲量が増えるため、家庭でも手に入りやすい時期です。

9~11月 冬を迎える前「もみじ鯛」

卵や白子はないですが、次の産卵に向けて栄養を蓄えているタイミングです。そのため、身の脂乗りがよくプリプリとした歯ごたえが楽しめます。兵庫県のブランド鯛として有名な「明石鯛」は、この時期のものです。

豊富な栄養!小さな子供から高齢者にもおすすめ

真鯛は、低脂肪で高たんぱく、消化吸収に優れているため、離乳食や高齢者の方にもぴったりです。

また、うまみ成分もバランスよく含まれているので、身に甘味やコクがあるのも魅力。目や皮に含まれているコラーゲンは、プリプリとした歯ごたえで美味です。

もう1つ触れておきたいのは、DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富なこと。鯛の頭や骨にもたっぷりと含まれているため、1匹丸ごといただくことをお勧めします。

捨てるところがない!「桜鯛」おすすめの調理法

真鯛は和風・洋風・中華風、どんな味付けにもピッタリです!産卵期前「桜鯛」のおすすめの食べ方をご紹介します。

卵は甘辛く煮る、白子はポン酢がおすすめ。酒盗(塩辛)も美味です!

・生なら、刺身やカルパッチョ、昆布締め

・火を通すなら、塩焼き、鯛めし、鯛茶漬け、アクアパッツァ、ソテー

・目の周りはコラーゲンがたっぷりあるので、あら汁やかぶと煮

年中味わえるのは盛んな養殖のおかげ

真鯛の約8割は養殖。温暖な西日本で盛んに行われています。愛媛県が漁獲量の半分を占めており、次いで熊本や三重、高知でも盛んです。

天然ものの漁獲量トップは長崎。愛媛は天然真鯛の漁獲量も多く、真鯛の一大産地です。

水温が上昇をはじめる2月頃の九州では、産卵が始まります。時期ではなく、丁度良い水温(14度ぐらい)になると産卵のです。ちなみに、瀬戸内海の場合、4~5月頃、東北では5~6月頃が産卵時期です。

真鯛はまさに「魚の王様」

鯛が「魚の王様」といわれる理由は、縁起物というだけではなく、栄養面にも優れているからです。丸忠では2つの旬にこだわり、美味しい鯛を提供しています。「目利きがお勧めする鯛を食べてみたい!」という方は、ぜひ丸忠のオンラインショップにアクセスしてみてください。そして、家族や友人などとテーブルを囲み、鯛を味わってみてはいかがでしょうか?

美味しい「鯛」を食べてみたい方はこちら!

【あわせて読みたい】

春‌が‌旬‌の‌魚‌介!‌家‌庭‌料‌理で「あさり」を食べる3つのメリット

春に美味しい魚!「しらす」の豊富な栄養と効果を高める相性の良い食材

#旬#春#美味しい魚

注目キーワード

サーモン フレンチ アワビ ミールキット スモークサーモン カニ いくら 天使のエビ