腹痛・嘔吐・蕁麻疹…もしかして、魚貝アレルギー?食中毒?寄生虫?アレルギー症状と他の違いを解説します

魚や貝を食べて、蕁麻疹や嘔吐、腹痛が起きたら、魚貝アレルギーや食中毒を疑うかもしれません。

深刻な症状が出る前、医療機関を受診する前に簡単にアレルギーやその他症状や原因をチェックしてみてください。

 

魚アレルギーの原因

主な抗原:パルブアルブミン、コラーゲンというタンパク質

まれに未知のタンパク質が、抗原となることもある。

抗原を含む魚:ほぼすべての魚

魚の種類や部位によって、含まれている量に違いがあり、魚アレルギーの人でも摂取できる魚がある場合もある。

 

甲殻類・貝類アレルギーの原因

主な抗原:トロポミオシンというタンパク質

抗原を含む甲殻類・貝類:ほぼすべての甲殻類・貝類

 

アレルギー反応はいつ頃から

幼児期に発症することが多い。

成人の新規食物アレルギー発症も、意外と多い。

 

魚介アレルギーの症状

即時型食物アレルギー反応:摂取後1時間以内に発症

皮膚症状:蕁麻疹、浮腫など

口腔アレルギー症状:かゆみや違和感

呼吸器症状:アナフィラキシー

 

魚介アレルギーかもと思ったら…

医療機関で検査してもらい、鑑別することが必要です

いつ、どんな魚を、どういう調理方法で食べたのか、症状が繰り返し起こっているのか、一度だけなのか、記録をつけて、医療機関を受診してみてください。

血液検査や、皮膚テストなどで、精密検査を行います。

魚介類を食べてアレルギー症状が出た=魚介アレルギーとは言えません

アレルギーのようで、アレルギーではない、こんな場合もあります。

 

魚介アレルギーではない <食中毒>

食中毒も腹痛、下痢、嘔吐、発熱など、非常につらい症状が現れます。

腸内で細菌やウイルスが増殖したことにより胃腸機能が低下して様々な症状を繰り返すことで体外に排出されて症状も徐々に緩和していきます。このような症状は数日から二週間程度続く場合があります。

鮮度の落ちた魚を食べて、ヒスタミンという物質によって、発症。
青魚や赤身の魚(サバ、サンマ、イワシ、カツオ、マグロなど)で起こりやすい。

アレルギーではないので、鮮度の悪い魚を食べると誰にでも起こる可能性がある

ヒスタミンが発生した魚を、加熱処理しても、ヒスタミンは破壊されない。

鮮度の悪い魚は、口に入れないことで、防げる。

 

魚介アレルギーではない <アニサキスアレルギー>

アニサキス(寄生虫)にアレルギーを持つ人が、体内に取り込むことで、発症。
激しい腹痛や、嘔吐などの症状も出る。

全ての魚に寄生する可能性があるが、サバ、イカ、サンマ、サケ、などで多く発見。

魚介類の内臓に寄生するが、きちんと加熱や冷凍処理をすれば死滅し、防げる

 

まとめ 魚介アレルギーと診断されたら

アレルギーの場合はアレルギー症状の出る魚介類を生活から除去しなくてはいけない場合ができますが、肉類などで、タンパク質を補うことはできます。

また、ビタミンDについても、卵黄や干し椎茸などで、補いながら、栄養不足にならないよう置き換えることは出来ます。

全ての魚が食べられないということは、稀です。

どの魚がダメなのか、どのくらいの量で、アレルギー反応が出るのかと、主治医と相談しながら、アドバイスをもらいましょう。
結果に応じた食生活で、上手に魚と付き合っていくことが、大切です。

マルチュウスマイルでは、こうした食生活に関する情報を学び、発信アウトプットすることで、食の安全を高め笑顔の毎日をお届けできるように努めてまいりたいと存じます。
今後もマルチュウスマイルの食と健康に関する情報をご期待ください。

 

【参考サイト】

長崎大学院 皮膚科・アレルギー科
服部皮膚科アレルギー科

 

【あわせて読みたい】

アニサキスとは?魚介類の寄生虫アニサキスによる食中毒…予防・治療・疑問に答えます

 

#アレルギー#魚

注目キーワード

サーモン フレンチ アワビ ミールキット スモークサーモン カニ いくら 天使のエビ